本当にどんなカードでも利用できるのか教えて!?

クレジットカードの種類は沢山ありますが通常はどのカード会社でも「ショッピング機能」と「キャッシング機能」が付帯しているはずです。
ここで説明しているショッピング枠の現金化とはそのカードのショッピング枠で現金を手に入れることができるサービスの事を指します。
じつはこの現金化次自体がグレーゾーンという事もあり全てのルールが個々の店舗で独自に決められている物になります。
独占禁止法などが抵触するなんでことは論外の話です。
ではどういった事なのかと言うと、Aの店舗ではJCBだと手数料が高く、マスターだと手数料が安い。
ですがB店舗ではJCBの方が安くて、マスターの方が高いといったようにそれぞれに全く価値が変わります。

それはそのテンポの利用のし易さもかかわってきます。

どのカードで申し込まれても大丈夫なようにある程度の種類のカード会社と提携しなければなりません。
そのなかでカード会社への負担金が多くなれば比例して高くなります。

また、以前にそのテンポが現金化を疑われていたりすると高くなる傾向も確認できております。
こういった情報は決して顧客の所まで来ません。

来るころには店舗が閉鎖されていることが多くなかなか実態がつかめないといった声も寄せられてきております。

ではお題目についてですが、実際に店舗を選ばなければどんな種類のカードでも利用できるというのは本当だと思います。

日本国内で一般的に流通している限りでは問題ないでしょう。

但し、冒頭でも申し上げた通り手数料が大きく業者により変わる為事前確認は必要です。

今までの経験上ではJCBで手数料が高くなる業者が割合として多いという印象は受けます。